壁にロゴをペイントする方法

ホームハックス: (December 2018)

【プリ加工】背景の色を簡単に変える方法! (12月 2018).

Anonim

壁にロゴをペイントするのは面倒な作業のように思えるかもしれません。比率や詳細が正しくない場合、ロゴが正しく表示されず、最初からやり直す必要があります。 プロジェクタはプロセスを簡素化し、壁のロゴがオリジナルのように見えるようになります。 プロジェクターを使用する際には、深刻な芸術技術は必要ありません。ラインをトレースすることができれば、壁にロゴを描くことができます。

ほとんどのプロジェクタでは、壁にロゴを再現してトレースすることができます。

プロジェクトの準備

壁を上から下に完全に拭きます。落ちた埃は、最近掃除した部分の上に落ちません。 ロゴの上端が天井から3フィート下がっている壁の中心など、壁の特定の領域にロゴを付ける場合は、画鋲のテープを使用してその位置を測定してマークし、基本的なボックスまたはターゲットの輪郭を描きます投影されるロゴの領域。 この方法では、プロジェクタを目指すときに推測する必要はありません。 プロジェクタの画像が障害なく壁に届くように、家具をプロジェクトの壁から反対側の壁または側壁に移動してください。 床をタールまたは新聞で覆い、塗料の垂れ落ちを防ぐためにベースボードを紙とテープで覆ってください。

プロジェクターの選択

ほとんどのプロジェクターは壁にロゴを再現するために使用できますが、すべてのプロジェクターが同じように機能するわけではありません。 オーバーヘッドプロジェクタは学校で一度使用されたタイプで、透明なプラスチックシートが必要です。 このタイプのプロジェクタは、グリースペンシルで透明にロゴをトレースするか、プリントショップで専門的に画像を印刷することができれば機能します。 透明度はレイヤードカラーを正確に表示することができないため、レイヤードではない単純なデザインでのみ機能します。 不透明なプロジェクターやアートプロジェクターは、フルカラーやディテールを再現できるので、名刺、はがき、レターヘッドなどの平らな場所からロゴをコピーすることができます。

投影の完全性

プロジェクタを、ロゴを再現したい場所の壁から部屋の向こう側に設置します。 ソース画像をプロジェクタの内部に置きます。 プロジェクタの電源を入れ、ロゴのイメージがきれいで適切な大きさになるように設定を調整します。 希望の結果を得るには、プロジェクタを前後に動かすか、テーブルやチェアの上の数冊の本の上に置く必要があります。 ペイントしたい領域の輪郭を描いて、投影画像をチョークで、または軽く鉛筆でトレースします。

ペイントで塗りつぶす

ロゴの各領域を適切な塗料の色で塗りつぶします。 細かなアーティストのブラシを使用して外側のエッジや線を作成し、より広い領域をより広いブラシで塗りつぶします。 ロゴの大部分に直線のエッジが含まれている場合は、線に沿ってペインターのテープのストリップを適用して、より正確な線画を作成します。 バックグラウンドペイントカラーを最初に塗りつぶします。ロゴにレイヤードカラーが含まれている場合は、バックグラウンドペイントが乾燥したら詳細を追加します。 必要に応じて、ロゴイメージをバックグラウンドペイントに再投影し、ペイントで覆われている可能性のある詳細を遡ります。 次の色に進む前に、各ペイントの色を乾燥させます。

有益なデザイナー ホームハックス