過酸化水素はどのように種子の発芽に影響を与えますか?

ホームハックス: (July 2019)

おうちで簡単に【水素水を作る方法】 作り方 (七月 2019).

Anonim

種から植物を始めることは経済的ですが、ルーレットホイールを回転させるような感じがします。 いくつかの種子が発芽し、いくつかは発芽しない。 このため、家庭の園芸家は常に発芽率を高める方法を検討しています。 在宅での方法には、層状化(種子を冷やす)、機械的な解体(ピンまたは鋭いナイフを用いて種子コートにニッキングする)、種子を水または水および過酸化水素溶液に浸漬、すすぎまたはミスト化する化学的解体が含まれる。

Eenie、meenie、miney、moe …発芽はランダムに見えるかもしれません。

種子は呼吸が必要

種子は発芽するために光、水および酸素を必要とする。 ほとんどの庭師は、発芽の方程式の光と水の部分を覚えていますが、種の酸素の必要性を見落としています。 特にハードコートを施した古い種子や種子は、酸素を吸収する能力が不足している可能性が特に高いです。 これは発芽率に悪影響を及ぼします。

それらの障壁を打破する

スプラウトンの時間と呼吸は簡単です…

最近の科学的研究は、過酸化水素と水の溶液にそれらを浸すことにより、化学的に種をまく種子の有効性を後押ししている。 過酸化水素は、種皮を破壊することによって発芽率を増加させると考えられ、種子がより多くの酸素を取り込むことを可能にする。 雑誌「HortScience」に報告された研究では、曝気水で処理した種子よりもはるかに高い割合(約95%)で発芽させた15%過酸化水素の溶液で処理した高齢のトウモロコシ種子(Zea mays L.) (発芽率67%)。 さらに、過酸化水素溶液中に24時間浸漬した種子の酸素消費速度は、同時に発芽した水に浸した種子の約2倍であった。

発芽の可能性が高い

東部ガマグラス(Tripsacum dactyloides)の種子を用いた同様の研究では、層別化と過酸化水素浸漬の有効性を比較した。 「Acta Horticulturae」に報告されているように、国際園芸学会の出版物では、15%過酸化水素溶液に種子を浸漬することが種子休眠を破壊し、発芽を誘導するのに最も効果的であった。 ガマグラスは、米国農務省のプラント耐久ゾーン8〜11でしっかりと成長しています。

あなたの種子が呼吸を助ける

あなたの植え付け前のルーチンで過酸化水素を使用することで、自宅の発芽率を改善するのは簡単です。 1パイントの水に1オンスの3パーセント過酸化水素を加えるだけです。 次の3つの方法のいずれかを選択します。 1つは、あなたの種子を18〜24時間浸し、すすぎ、植えます。 2、あなたの種を長めのペーパータオルに置き、過酸化水素水溶液で満たされたミスターを使ってタオルと種子を完全に湿らせますが、タオルをゆっくり巻き上げたり、種子のすべての側面が湿ったペーパータオルと接触している。 毎日(またはタオルが乾くと)軽くミストして、芽が出たときに植えます。 3つでは、ソリューションであなたの種子をすすぎ、その後植物を洗う。

有益なデザイナー ホームハックス