自家製コタツ布団

ホームハックス: (December 2018)

【DIY】コタツ机を作ってみた! (12月 2018).

Anonim

コタツ布団は、コタツと呼ばれる日本の温められたテーブルの上に置かれたテーブルベースと取り外し可能なテーブルトップの間にぴったりフィットした掛け布団です。 伝統的な日本の家庭ではセントラルヒーティングがないので、こたつは寒い時期に家族が集まる場所です。 テーブルの下に固定された低電圧ヒーターで足と足を暖かく保ち、「コタツ布団」と呼ばれる暖かい掛け布団で膝を覆うことができます。 こたつ布団は、テーブルの枠の上にかさばったテーブルクロスのように置かれ、脱着可能なテーブルトップは、その上に置かれて所定の位置に保持されます。 自家製コタツ布団では、この珍しい家具をインテリアに合わせることができます。 あなたの布団のサイズは、あなたのコタツテーブルのサイズによって異なります。 以下の寸法は、標準的なカードテーブルのサイズのテーブル用のこたつ布団を作ります。

ステップ1

綿の生地を長さ3ヤードの2つのストリップにカットします。 これはコタツ布団の一番上です。 2つの部分を耳に沿って一緒に固定し、右側を一緒にします。 エッジから半インチの機械ステッチ。 シームを開いてください。

ステップ2

ネルのファブリックを2つのストリップ、それぞれ3ヤードの長さにカットします。 これはコタツ布団の裏です。 2つの部分を耳に沿って一緒に固定し、右側を一緒にします。 エッジから半インチの機械ステッチ。 シームを開いてください。

ステップ3

キルトの打撃を2つのストリップにカットします。各ストリップは3ヤードです。 側面の端が接触しているが、重なり合わないように、ストリップを床に並べて置きます。 2つのバッティングピースを2つのピースの間を前後にループする大きなステッチと一緒に手で塗る。 あなたの縫い目は、約3インチの幅で、各部分に1 1/2インチの針を突き刺すことができます。 あなたの手の平らな部分を使用して、縫い目が束にならないように縫うように縫い目を押します。

ステップ4

床の裏側を裏返しにしてください。 バッティングピースを上に置きます。 センターシームが完全に整列していることを確認してください。 コタツ布団のトップピースを裏返しにしてバッティング。 繰り返しますが、中央の縫い目が互いに重なり合っていることを確認してください。

ステップ5

あなたの縫い目の真ん中から3つの層を一緒にピン止めします。 コタツ布団の中央に最初のピンを慎重に合わせてください。 両方向の継ぎ目に沿ってピンニングを続けます。 縫い目を目安にして、こたつ布団の真ん中に大きな縫い目で手をかける。 縫うようにピンを外します。

ステップ6

縫い目の端から始めて、3つのレイヤーの外側のエッジを固定し、両方向に作業を進めます。 最後に側面を固定します。 コタツ布団の両端を一緒にピンで固定したら、手でピンに近づけ、端から約2〜3インチほど張ります。

ステップ7

コタツ布団の縁を毛布の束縛で囲みます。 ブランケットバインディングを取り付ける方法のヒントについては、以下の参照セクションを参照してください。

ステップ8

手で縫う縫い目を取り除いて、すべてのゆるい糸を整えます。

有益なデザイナー ホームハックス